佐藤寿一氏のプロフィール

音楽監督、佐藤寿一氏のプロフィール

佐藤寿一氏

 仙台市生まれ。埼玉大学教養学部卒業。初め哲学コースで音楽美学を専攻するが、後、指揮に転向。指揮を小松一彦、高階正光、前田幸市郎の各氏に師事。これまでに、山形交響楽団、ニューフィルハーモニーオーケストラ千葉(千葉交響楽団)、仙台フィルハーモニー管弦楽団、東京都交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団などを指揮するほか、ハンガリーの国際バルトークフェスティバルにおいてサヴァリア交響楽団を、また日韓国民交流年記念事業として韓国ソウルのカンナム交響楽団を指揮し、高い評価を受けた。また、オペラの分野では東京室内歌劇場その他オペラの副指揮、指揮や文化庁主催・ 歌座『うたよみざる』公演の指揮兼打楽器などを務めた。モーツァルト作曲『フィガロの結婚』フンパーディンク作曲『ヘンゼルとグレーテル』林光作曲『あまんじゃくとうりこひめ』では指揮とともに演出も担当し好評を博した。

 2013年5月には、ニューヨーク・カーネギーホールで『第九』その他を指揮し、障がい者を含む日本からの合唱団と現地の合唱団・オーケストラが一体になった演奏は、満席の聴衆総立ちのスタンディングオベイションという熱狂を巻き起こす成功をおさめた。

 浦和フィルハーモニー管弦楽団においては、1986年の創立以来、音楽監督としてともに活動を展開しており、世界的にも演奏頻度の低いスクリャービンの交響曲第1番『芸術賛歌』や、2001年から2005年まで行われた彩の国シューベルト・シリーズ(シューベルトの交響曲全曲演奏プロジェクト/埼玉県芸術文化振興財団=諸井誠芸術総監督(当時)=制作)の指揮、浦和フィル創立20周年記念公演『カルメン』の指揮・台本・演出などが好評を得ている。

 1998年から2004年まで山形交響楽団指揮者を務めた。

 また、2017年4月宮城県加美町が誘致した(株)国立音楽院宮城キャンパスの学院長に

 就任し、同町が推進する「音楽による町おこし」に参画している。

関連項目

▲ このページの先頭へ